保険とは人間の心理を巧みについたものの話 1

保険とは人間の心理を巧みについたものの話 1

うちは商売をしていますので、保険と名のつくものにはたくさん入っています。まず、店舗と住まいが一緒になっているのですが、建物自体にかけているもの。そして二階の住宅部分の商品にかけているもの。 そして店に置いてある品物にかけているもの。 倉庫の建物にかけているもの、倉庫に置いてある商品にかけているもの。組合で入っている・・というか入らされているもの。 商売で使っている自動車にかけているもの。生命保険を除いてもこれだけ加入しています。あまりにたくさん入っていて、それぞれの満期が来て更新が来るたびに、「これはなんだっただろうか」と思い出すのも大変です。一番、保険の無力さを感じたのは東日本大震災でうちの住宅部分が壊れてしまったときにどれひとつとして役に立たなかったことでした。あれだけの規模の災害だと出たとしても、タダに等しい金額しかでませんと言われてしまいました。

婚活パーティー 大阪 人気

婚活パーティー 東京 人気

声優 専門学校 おすすめ

プリザーブドフラワーギフト オススメ